株式

no image

刷り込みや固定観念は危険

株式投資において最も危険なのは、前提を自分の中で設け、それに固執する事です。 所謂固定観念ですね。 心理学的上、人間は必ずこの固定観念を抱いているといわれています。 それは何に対してというより、何に対しても持っているといえます。 なので、危 ...

no image

ブーメラン効果

株式投資に関わる心理学的な現象のひとつに、「ブーメラン効果」というものがあります。 このブーメラン効果というのは、簡単にいうと、自分が説得した結果、それが自分に仇となって返ってくるという現象です。 ブーメランは、上手く投げるとしっかり自分の ...

no image

株式と心理学

2008年、リーマンショックの影響やサブプライムローン問題、物価の高騰など、様々な要因から世界の株式市場は空前の大幅下落を余儀なくされました。 その中にあって、日本は世界の中でも特に株式市場が大きく傾いており、その打撃はそのまま景気の悪化に ...

no image

株価暴落の原理

株価というものは非常に不安定で、急に上昇することもあれば、いきなり暴落する事もあります。 その暴落というのは、例えばリーマンショックやライブドア事件のようなわかりやすい事件があれば、当然発生します。 また、その会社が不渡りを出すなど、事実上 ...

no image

株式の仕組み

株式という概念は、元々は決して敷居の高いものではありませんでした。 もちろん今もそうですが、より一層一般の中に浸透した、身近なシステムといえました。 簡単に言えば、先行投資、さらに簡単に言えば前借りの理論です。 要するに「お菓子を買うから1 ...

no image

暴落の際の個人心理

株式の全体の流れとして株価が暴落した場合、個人心理としては、もしその株を所持していたら一刻も早く売ろうと考えます。 それは当然、できるだけ高い値段でその株を売り、損失を最小限に抑えるためです。 もしこの下落速度が緩やかならば、心理学的な観点 ...

no image

株価と心理学の関係

株価は、人間心理学が非常によく現れる数値です。 人間の心理がいかにバランスを保とうとするかというのが、よく見て取れます。 心理学上、人間は常に安定を求め、その安定が崩れる事でストレスを生み出し、そのストレスの原因を絶とうとします。 それが、 ...

no image

集団心理の原理

集団心理を扱う心理学における基本的な方向性は、まず従順といっても過言ではないでしょう。 日本人は特にこの傾向が強く、長いものに巻かれる、右へならえ、などのように、人の振りを見て自分の振りを決める性質が強いといえます。 そういった民族的な心理 ...

no image

いくらまでの損失ならば心理学上問題なし?

株式における取引は、常に損失との闘いです。 全ての取引で利益を得るということはあり得ません。 得する事もあれば損する事もあるのが株式取引なのです。 では、どれくらいの損であれば、人間は心理学上耐えられるのでしょう。 それは、いわゆる「損切り ...

no image

集団心理の恐怖

集団心理というのは、非常に恐ろしいものです。 例えば、日本には「赤信号 皆で渡れば 怖くない」という、見事に集団心理学の原理を表した言葉があります。 これがまさに、株式投資において最も危険な状態を表しています。 株式取引では、基本的に自身の ...

© 2020 マネイク|お金借りる即日