不動産 担保 ローン

不動産担保ローンの原則

不動産ローンは、借りる人は名義が自分になっている不動産を持っているということが原則です。不動産でも建物は自分のでも、土地は借りたものという場合は、流通性があまりないので担保価値が認められないこともあります。また、返済をし続けられる程度の収入があることが不動産担保の原則です。これらの原則は必ず頭に入れておいた方がいいでしょう。
不動産は高額な担保なので、かなりまとまった融資を受けることができます。もし返済を続けることが出来なくなった時は、物件が残った債務を返済するために競売などの方法で処分されることもあります。
また、金融機関サイドのリスクによって利率は変動するので、フリーの方が目的別より、また無担保の方が有担保よりも高いです。つまり、不動産担保ローンはフリー無担保のカードローンと、目的別有担保ローンの間の利率になります。
融資額などの審査、融資の可否は、早い場合は2日、長いと14日程度かかります。、また融資を受ける際は担保物件への抵当権設定投棄も必要ですので、登記費用が必要になってきます。
不動産担保ローンは、返済できなければ家や土地を失ってしまうということで、リスクが大きいと思う方も多いと思います。しかし、返済しきれなくなった時にリスクがあるのは、どの融資を受けた場合でも同じです。同じ金額を借りるとすれば、低金利のローンを借りた方がいいでしょう。
不動産担保ローンを利用する理由の一つに、他に借りている無担保ローンを
まとめてしまうということがあります。その方が支払う利息が少なくて済みますし、返済もしやすいというメリットがあります。

-不動産 担保 ローン
-, , , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日