不動産 担保 ローン

不動産担保ローンの借金

不動産担保ローンは借金の総額が増える危険もありますが、高額で借りられるので借金の返済に困った多重債務者が飛びつきやすいものです。
不動産担保ローンは無担保よりは低金利なため、いくつかの消費者金融会社が扱っています。借金をまとめれば返済も楽になると考えてしまうかもしれませんが、実際には借金の合計額が膨らんで、返済することが難しくなり、大事な家族まで苦しめてしまうことになりやすいのです。
多重債務者を支援している団体の方は「不動産担保ローンよりは、法的解決を早めにとった方がいい」と言っています。
ここでひとつ、不動産担保ローンで失敗した例をあげてみましょう。
住宅ローンを返済中だったAさんは、お酒とタバコが大好きでそれにお金をつぎ込んでしまい、家族に内緒で無担保ローンを消費者金融を利用しました。しかし、返済が大変で違う消費者金融から借りるということを繰り返し、借金の総額が300万円にもなってしまいました。
そんなAさんが返済に困って飛びついたのが無担保ローンです。無担保ローンで300万円を借りて、他の無担保ローンは完済することができました。
しかし、お酒とタバコはやめることができず、また無担保ローンでお金を借りてしまい、約200万円の多重債務になってしまいました。それを返済するために、他の会社から無担保ローンで490万円借り、他のローンを完済しました。
しかし、しばらくたってから家族に者金の全容がばれ、その時には4社から無担保ローンを借りたおり、140万円の借金が増えていました。
結局は多重債務者の救済団体に助けを求め、特定調停を簡易裁判所に申し立てました。無担保ローンは調停がまとまり負担が軽くなりましたが、不動産担保ローンの方は不動産を担保にしているということを強調して妥協せず、不成立になりました。
1000万円以上、不動産担保ローンに手を出してことで損をしたとAさんは言っています。
債務額を圧縮しないで不動産担保ローンを借り、無担保ローンを完済することは損をするそうです。
多重債務者は親族に頼んで不動産担保ローンを借りる場合もあります。こういう不動産担保ローンの利用は、親族に迷惑をかけるので、避けた方がいいでしょう。

-不動産 担保 ローン
-, , , , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日