不動産 担保 ローン

危険な不動産担保ローン業者

一般の方には、不動産担保ローンの金利が何%位なのかは分かる人はあまりいないと思います。
もし、何かの事情で不動産担保ローンを借りようとした時に、インターネットで各会社を比較し、金利が低い会社を選び、何社か電話をしたとします。
電話の内容で検討して、一番金利が低かった会社を選んで申し込みに行くというのが、普通の人の考えでしょう。実は、これが一番危険な方法といっても過言ではありません。
実際に会社を訪れてみると、電話で聞いた金利とは全く違う数字を提示してくます。しかも担保にするための不動産にたくさん文句をつけて査定価格を下げていき、不動産の調査料など、言われていなかった経費まで請求されるという始末です。
それで、あわてて違う会社に申し込んでも内容は同じで、それを何回も繰り返すうちに時間もなくなり、仕方なくその中から1社を選んだとします。
そうすると他の会社から融資の申し込み額の何%かを請求されます。そんな話は聞いてないと思うかもしれませんが、申し込み用紙の下のほうにものすごく小さい字で書かれていたりするのです。
結局、それを支払わなければならなくなり、電話で聞いた額とは全然違う高金利で融資を受けることになってしまいます。
なぜこのようなことが起きるのかといいますと、業者側は電話での口約束でかわした金利など守る気はないのです。残念ながら、これは本当の話なのです。
また、一流企業に会社名が似ている金融会社も注意が必要でしょう。業者が似たような名前にしている理由は、提携しているわけでも、何らかの関係があるわけでもなく、お客さんにそういう錯覚を起こさせようとするためです。
融資を受けようとするときは、誰でも信用できる会社とやりたいと思うものです。インターネットで探しても信用できそうな会社は見つからず、それで一流企業と似たような名前を見つけて、ここならあの一流会社と何か関係がありそう…という錯覚を起こさせようとしているのです。そういうお客さんの心理に付け込む危険な会社と考えていいでしょう。
さらに、低金利をうたっている会社であれば、一層注意した方がいいでしょう。
また、融資を申し込む際に印鑑証明と実印を持参させる会社も危険です。一般の不動産担保ローンの融資ですと、申し込みをして条件が一致しなければそれで終了です。しかし、悪徳業者は実印と印鑑証明を持ってこさせて書類に実印をおさせ、実印の証明をといって印鑑証明を預かります。
そうすると、担保設定がお客さんの不動産設定ができるような仕組みになっています。
そういう危険な業者に合わないためにも、冷静に会社を選ぶ必要があります。そうしないと、後々大変な損をすることになるでしょう。

-不動産 担保 ローン
-, , , , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日