株式 心理学

いくらまでの損失ならば心理学上問題なし?

株式における取引は、常に損失との闘いです。
全ての取引で利益を得るということはあり得ません。
得する事もあれば損する事もあるのが株式取引なのです。
では、どれくらいの損であれば、人間は心理学上耐えられるのでしょう。
それは、いわゆる「損切り」のボーダーラインと同義であると言えます。
損切りというのは、株式取引における基本中の基本ですね。
これ以上株価が下がったら、損失を確定してその銘柄を売る、というボーダーラインです。
もちろん、これは自分で決める事になりますが、その相場を見れば、大体の人の心理学的な損失のボーダーラインもわかるかと思います。
損切りの相場は、株式投資の金言に現れています。
いわゆる「損小利大」です。
つまり、損切りはできるだけ早い方が良い(利食いは待った方が良い)、という事です。
そのため、損切りのボーダーラインは5~15%が妥当と言われています。
デイトレードなら5%、中期なら10%、長期なら15%といったところです。
これが、人間の心理上耐えられる損失、という事ですね。
もちろん、いくらかにもよるでしょう。
例えば、口座に100万円入っていて、株価1万円の銘柄を1株買った場合、例えこの株が企業の倒産で白紙になっても、特に痛手はありません。
逆に、50株買っていれば、10%の損でもかなり痛手となります。
そう考えると、損切りだけでは図れない部分もありますね。
大体、資金全体の5%を失うと、人はストレスを感じ始めるようです。
そういった心理学上の動きを踏まえた上で、損切りのラインを決めると良いでしょう。

-株式 心理学
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日