不動産 担保 ローン

銀行のローン審査

銀行とはいえ、皆さんの大事な預金をまた貸しするわけですから、融資をする場合は審査も慎重にしてもらわなくては困ります。断る理由を言ってはいけないという規制が審査を断るときには発生します。理由を言わないのは銀行員のせいではありませんので、「理由も言わずに断られた」と気分を害さずに、言いたくても言えない事情があるのだなと理解してあげましょう。
銀行の基準としては、一般的に同じ会社の勤続年数が3年はないと融資をすることができません。また、今までしていた仕事とは全く違う業種についたばかりという方も、融資を受けることはできません。しかもかなり厳しい状態なので、住宅ローン等を組むこと自体をあきらめた方がいいでしょう。
しかし、最近では終身雇用時代も終了しつつあるので、転職する人も多く、活性化しつつあるということで、勤続年数の基準は設けないという銀行も中にはあります。
また、多重債務をしている方は難しいかもしれません。カードローンを使用したことがある時も審査の対象になりますので、気をつけましょう。消費者金融から借り入れをしたことがある人は、また借り入れると考えれており、住宅ローンなどを安定して払えるのかと疑われるそうです。
多重債務をしている方は金利が高くなってしまいます。そうすると月々の負担が大きくなり、家計が大変になってしまいます。
そういうときはご自分の不動産を担保に入れて、不動産担保ローンで融資を受けてみてはいかがでしょうか。
不動産担保ローンなら使い道も自由に選べますし、金利も安いし、支払年数も長いのでおすすめです。
また、多重債務をしている方が、不動産担保ローンを借りて他のローンを完済し、金利分浮かせるということもできます。
不動産担保ローンはちょっと怖いと思うかもしれませんが、月々の返済が滞れば財産を失うということは同じですので、金利の安いほうを選んだ方がお得でしょう。

-不動産 担保 ローン
-, , , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日