不動産投資

no image

不動産売買契約の特約について

民法では、契約後の引渡し前に土地・建物は、地震や火災など不可抗力で消滅しても、買主は代金を支払う義務があります。 この義務のことを危険負担と言います。 しかし、不動産は契約と実際の引渡しの間に数ヶ月期間があるのが普通なので、引渡し前に契約し ...

no image

不動産契約の手付金

不動産の売買契約時には買主から売主へ手付金を渡します。 この手付けは、契約の際に買主から売主に渡す金銭などを指します。 民法には証約手付・解約手付・違約手付の3つがあり、不動産売買での手付金は特約がない限り、通常は違約手付の性質を持ちます。 ...

no image

建物の耐震について

日本は地震の多い国なので、地震による建物の倒壊を防ぐため、建築基準法により耐震基準が定められています。 大地震のたびに改正され、現在は、1978年の宮城県沖地震の被害を受けて1981年に設定された震度6でも倒壊しない耐震基準となっています。 ...

no image

不動産購入の手順

現物の不動産投資のために購入しようとする不動産の調査や選定を行った後、いよいよ不動産の購入手続きとなります。 一般的に不動産売買には、買主・売主それぞれに一社ずつ不動産会社がつきます。 不動産購入の手続きは次のような流れとなります。 1.購 ...

no image

区分所有法

不動産投資でマンションの1室を借りて賃貸する場合には、区分所有法も忘れてはならない法律です。 マンションなど1棟の建物には独立して複数の住居や店舗があり、それらは各々所有権を持っています。 この建物に対する、それぞれの所有権のことを区分所有 ...

no image

投資用マンション販売の悪質商法

不動産投資を行う際に気をつけなければならないことの1つが、悪質商法です。 近年、投資用マンションの強引・脅迫まがいの勧誘行為が問題となっており、全国の消費生活センターへの相談も増加しています。 勧誘電話が自宅だけでなく、職場にもかかってくる ...

no image

ノンリコースローン

不動産投資においてノンリコースローンが注目されています。 アメリカの住宅ローンは全てノンリコースローン(非遡及型融資)です。 反対に、一般的に日本の住宅ローンはリコースローン(遡及型融資)です。 ノンリコースローンは、借入金を行う際に連帯保 ...

no image

敷金トラブルについて

不動産投資として、不動産の賃貸経営を行う場合に注意しておかなければならないことの1つは、敷金トラブルです。 不動産の賃貸契約の際の敷金は、不払いの家賃や室内を傷つけたりした場合に備えるもので、その費用を差し引いて退去後に返金するものです。 ...

no image

建物の維持管理

不動産投資としてマンション経営などを行う場合には、賃料徴収などの運営管理だけでなく、安全に長く居住できるように建物の維持管理にも注意が必要となります。 建物の維持管理には、設備管理、清掃、維持、修繕などがあります。 これら定期的なメンテナン ...

no image

不動産の賃貸条件

不動産投資として現物の不動産を賃貸する際、管理業務の運営を行わなければなりません。 賃貸不動産の管理業務には入居者に対する賃貸運営管理と、建物維持管理があります。 賃貸運営にあたっては、周辺の類似物件を参考に適正な賃貸条件を設定しなければな ...

© 2020 マネイク|お金借りる即日