不動産投資

不動産購入の手順

現物の不動産投資のために購入しようとする不動産の調査や選定を行った後、いよいよ不動産の購入手続きとなります。
一般的に不動産売買には、買主・売主それぞれに一社ずつ不動産会社がつきます。
不動産購入の手続きは次のような流れとなります。
1.購入申込み
売主に対して書面で不動産の購入申込みを行います。
2.重要事項説明
宅地建物取引業法で、売買契約前に宅地建物取引主任者が、購入物件に関する重要事項についての説明を買主に行わなければならない、と決められています。
重要事項説明を受けた後は、説明を受け内容を確認したという買主の確認印が必要となります。
重要事項説明は登記や法規制など細部に渡る説明なので、できれば契約日当日の説明ではなく、契約日より前に重要事項説明を受け、納得した上での契約が望ましいです。
3.契約、ローン申込み
売買契約書を作成して手付金を売主に渡します。
売買契約書は、売買される不動産についての書面を売主・買主ともに記名・押印します。
契約書には、当事者の住所・氏名、代金の支払い方法や時期、建物の引渡し時期など絶対的記載事項と、天災などによる不可抗力の場合に関することなど任意的な記載事項があります。
4.貸付承認、ローン契約
5.残金の支払、物件引渡し
手付金を除く残金を売主に支払い、物件が買主に引き渡されます。
6.登記
物件の所有権の移転登記を行い、購入が完了します。
この手続きが終了すれば、いよいよ不動産投資として不動産の運用が始まります。

-不動産投資
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日