不動産投資

no image

土地の有効活用の方法 その2

不動産投資としての土地の有効活用方法には、いくつかの種類があります。 ここでは、等価交換方式と定期借地権方式を説明しましょう。 ・等価交換方式 保有している土地に不動産開発業者などが建物を建築し、完成後に土地・建物を、土地の保有者と建物の業 ...

no image

不動産登記について

現物の不動産投資を行うにあたっては、不動産登記が必要となります。 土地や建物には、人の戸籍と同じように土地や建物の概要に関する地籍(土地の所属)などがあります。 法務局には、土地登記簿、建物登記簿や付属地図が整備されています。 土地は一筆( ...

no image

土地の有効活用の方法 その1

不動産投資として保有する土地をどのように有効活用するかを考える場合、いくつかの選択肢があります。 自己建設方式の場合は、土地保有者自身が計画を立て、建設を発注し、完成後の建物に関する管理・運営を行います。 適切に計画を立て、運営が行われれば ...

no image

不動産の調査

不動産投資のため、不動産の取引を行う際には、市場や地域の調査、法令上の制限の調査、現地調査、登記の調査が必要です。 不動産の売買価格や賃料、今後の動向などを把握し、地域の特性や状況を調査しておきましょう。 また、都市計画法や建築基準法、農地 ...

no image

道路関係による建築制限

現物の不動産投資を行う際には、様々な建築制限を遵守しなければなりません。 その制限の1つには、道路関係による建築制限があります。 建築基準法では、都市計画区域・準都市計画区域内で道路と敷地との関係に関する制限があります。 建築物の敷地は、4 ...

no image

不動産の価格(更地価格)

不動産投資を行うにあたり、一番気になるのは現物の不動産価格です。 不動産価格と地価(更地価格)は違うものです。 地価は建物がない状態の価格であり、土地の利用方法などによって実際の不動産価格は変わってきます。 不動産価格の決定には取引などに応 ...

no image

用途地域

現物の不動産投資で知っておかなければならない用語の1つに用途地域があります。 市街化区域に定めることになっている用途地域は12種類あり、それぞれの用途地域で建築できる・できない建物などの用途制限が定められています。 住居系の用途地域 1.第 ...

no image

都市計画法と地域地区

現物による不動産投資では、不動産取得や保有に関して様々な法の規制を受けることを知っておかなければなりません。 都市計画法は、その規制の1つで、無秩序な開発を防止し、計画的なまちづくりを図るための法律です。 都市計画法の中で定められている都市 ...

no image

建築基準法

不動産投資を行う上で、重要な法令の1つが建築基準法です。 建築基準法では、建築物の敷地、構造、用途などの最低基準を定めています。 全国の建築物に対する単体規定と、原則として都市計画区域・準都市計画区域内で適用される集団規定により規制していま ...

no image

都市計画法と都市計画区域

現物の不動産投資に必要な不動産を取得、保有する際には、都市計画法や借地借家法、建築基準法など様々な法律が関わってきます。 不動産投資を行うときには、このような法律を遵守しなければなりません。 都市計画法とは、都市地域における土地利用や整備に ...

© 2022 マネイク|お金借りる即日