保険 節約

no image

がん保険の見直し。

がんは、日本の死亡原因の1位です。 がんになる人は本当に多いです。そのせいか、がん保険に加入している人もかなりたくさんいます。 もちろん医療保険でもがんになった際に保障の対象になりますが、がんの場合、さらに手厚い保障が受けられます。 がん保 ...

no image

海外でも使える国民健康保険。

国民健康保険が海外でも使えるということは、意外と知られていません。 海外で受けた医療が申請により還付されるのです。 全額を一時的に自己負担し、後に日本で手続きを行い保険給付金を受け取るのです。 ただし、日本国内と同様に自己負担が3割あります ...

no image

医療保険の見直し。

医療保険は、病気やケガにより入院や手術した場合に給付金が支払われる保険です。 医療保険には特約型と独立型があります。 単独加入できるかどうかで決まるのですが、基本的には独立型の方が保険料が高くなります。 その分、手厚い保障が受けられるのが特 ...

no image

海外旅行への安全対策。

海外旅行に行く時に加入を勧められる保険。 保険に入っていなければ、現地でケガや病気になった時に、破格の医療費を払う事になります。 1週間ぐらいの旅行であっても保険に加入すると数千円取られてしまいます。 保険に払うお金は節約して、旅行先で少し ...

no image

社会保険料の節約。

現在、企業が負担している社会保険料は直接人件費の約13%と言われています。 社会保険は健康保険と厚生年金の2つに分かれており、厚生年金の保険料は毎年引き上げられています。 さらには健康保険料も近いうちに引き上げられると考えられており、両方と ...

no image

自動車の盗難にあったら。

一家に一台はある自動車。最近、日本では自動車の盗難が年々増加しています。 自分の自動車に限ってというのは甘い考えかもしれません。盗難されたら、まずは警察に言いましょう。 警察に通報したからといって、車が戻ってくるわけではありません。戻ってこ ...

no image

節約できる労働保険。

労働保険とは労災保険と雇用保険の2つに分けられます。 従業員を雇うと必ず必要となるのがこの保険。 雇用保険は事業主と被保険者で負担しますが、労災保険は全額が事業主の負担です。 労災保険は労災事故の可能性が高い会社は保険料が高く、可能性の低い ...

no image

子供のために。

自分の子供のために保険に備えるとういのは大事なことだと思います。 しかし、どれくらいの保険に入ったりすればいいのか分からないのが本音だと思います。 子供保険には万が一に備えて子供のケガや病気に対する医療保険があります。 また、進学時に祝金が ...

no image

入院保険に加入する。

入院保険は病気やケガで入院した場合に支払われるものです。 退院後に通院が必要なため入院保険と通院保険がだいたいセットになっています。 年々、入院日数が医療の進歩により短くなっています。日帰り手術ができるようになったのも原因の一つです。 しか ...

no image

専業主婦の保険料。

国民年金の被保険者は第1号~第3号まで分かれます。 第1号被保険者は自営業者や無職の方、第2号被保険者はサラリーマンといわれる方、そして第3号被保険者は第2号被保険者の被扶養配偶者の事をいいます。 一般的に専業主婦は第3号被保険者と勘違いし ...

© 2020 マネイク|お金借りる即日