不動産 担保 ローン

不動産おまとめローンについて

不動産担保ローンもそうですが、不動産おまとめローンで融資を受ける場合にも審査が必要になります。
審査するときに一番重要視されるのは「その人が信用できるかどうか」、つまり信用度です。その信用度は、ローン会社によって異なりますが、自宅の居住年数、自宅電話の有無、保険証、既婚者かどうか、仕事の勤続年数の5つの項目で大体決められるそうです。
居住年数は、長い方がいいですが、一人暮らしをしているのに生まれた時からここで暮らしているというのは、常識的に考えておかしいのでやめましょう。何事も常識の範囲内で答えてください。
自宅電話は、必ずありで申し込んでください。もし自宅電話がない場合でも、携帯を連絡先にすれば、携帯以外に連絡は来ないので大丈夫なのだそうです。
会社の規模を表す保健相は、審査では特に重要視されます。国民保険が一番弱く、次が社会保険、一番強いのは組合保険になります。
この順番で審査に影響を与えますので、組合保険証が一番いいでしょう。身分証明をローン会社に提出するときは、免許証かパスポートにすれば大丈夫です。
家族構成は、結婚していて子どももいるというのが一番信用されます。次が既婚子供無しで、最後が独身の場合です。一人暮らしは、あまり信用されないようです。
勤続年数は長い方がもちろん長い方がいいです。しかし、学校を卒業した年と入社した年が合わないというのではいけません。
これらの他にも、職種や現在住んでいる建物の種類、就業形態なども重要です。
おまとめローンでは、年収が負債比率の基準に使われるそうです。
ほとんどの大手金融会社は、おまとめローンのボーダーラインを年収の50%としていますので、クレジットカードを上手に使って負債金額の調整を行ってください。
年収の増やし方としては、給与明細書を使うのが一番いいでしょう。直近3か月以内で残業を沢山した時の給与明細書を持っていき、ボーナスをもらっていなくてももらっていると言えば、融資額が上がるのは間違いないでしょう。
不動産担保ローンを借りられなくて、複数の金融機関から融資を受けている人にとって、おまとめローンができるかできないかは非常に大事ですので、万が一不動産担保ローンが受けられなかった場合のことを考えて、色々な会社を調べておくといいでしょう。

-不動産 担保 ローン
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日