保険 節約

公的保険と私的保険の見直し

公的保険とは、国が直接運営しているもので、私的保険は生命保険や損害保険といった民間の会社が行っているものになります。
公的保険は、一定の条件を満たすものの加入が強制されています。
多くの人が給料明細から健康保険・厚生年金保険・雇用保険といった形で引かれています。
では、公的保険と私的保険の保障の内容をどれくらいの方が知っているでしょうか?
民間の保険に加入する際、どの保障が手厚い方がいいのかなど、中身をしっかり確認して、節約できるものは節約したいと思っているはずです。
強制的に払っているにも関わらず、公的保険の保障内容はあまり知らず、私的保険の保障内容を詳しく知っているという人が意外に多いのです。
無駄を省きたい、節約したいというのは誰でも考える事です。
それならば、強制的に払っている公的保険の保障内容を詳しく知るべきだと思います。
この2つの保険で保障内容が似ているのは何か。
例えば、老齢年金は個人年金に当てはまり、介護保険は介護保険金に当てはまるといったものです。
他にも遺族年金・障害者年金・医療保険なども民間の保険の内容に当てはまる所があります。
公的保険の内容を知らないために、民間の保険で全ての保障を備えようとして高額な保険料を払ってしまいます。
公的保険だけではいざという時に、保障が足りないとい事があるのも事実です。
2つの保険の保障内容を知った上で、足りない部分・もうちょっと保障が欲しい部分を私的保険でまかなうという形で無駄を省きましょう。

-保険 節約
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日