保険 節約

保険料の安い国民共済。

国民共済の掛け金はとっても安いですよね。そのため、国民共済に加入する人は年々増えているようです。
逆に安いゆえに保障に不安を覚えて、民間の保険に加入する人も多いようです。
安い理由の大前提は営利目的の保険ではない事です。
保険料が安いので、普通の保険に比べると多少保障が薄いところもあるのは事実です。
ただし、保険料が安いからといって、全てが掛け捨ての保険ではありません。
ほとんどの保険に割戻金が発生します。しかもその割戻金は20%を超えています。
安い上に掛け捨てではないところがいいですね。
具体的にどのような部分の保障が薄いかというと、病気に対する保障が薄いのです。
その分、ケガに対する保障は手厚いです。
しかしながら、死亡原因や入院原因の多くは病気だと言われているので、その部分の保障が薄いのは痛いですね。
じゃあ、民間の保険に入る方がいいのかといえば、そうでもありません。
やはり保険料が高くなってしまうので、国民共済の足りない部分を補うという形で別の保険に入り、保険料を節約しましょう。
ただ、子供に保険をかけるのであれば、国民共済はお勧めです。
この保険もケガへの保障が厚く、病気への保障は薄いですが、子供はケガをする方がいいので、向いていると思います。
月額が900円という安さであることに加え、保障額は少ないものの、全般的にカバーをしてくれるので負担も少なくすみます。
貯蓄が出来る保険ではありませんが、保険料を節約した分、個人で貯蓄にまわしましょう。

-保険 節約
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日