保険 節約

バイク保険には加入すべきか。

バイク保険の加入率が40%を切っています。自動車に比べ、事故の際にケガをする危険性が高いのはバイクです。
しかしながら、自動車の加入率にはまだまだ追いつかないのが現状です。
バイク保険の補償内容は賠償責任保険・傷害保険・車両保険の3つです。
自動車を持っている人が加入している自動車保険の、自動車の定義の中にバイクも含まれているのがほとんどですが、バイクは車と危険性が異なるため制限が加わっているのも現実です。
特に車両保険の部分では制限が強くなっています。
補償額に制限がある場合があるので注意しましょう。
かといってバイク保険に加入しても、車両保険はかなり高額な保険料になります。
ある程度のカバーをしてもらうには自動車保険にファミリーバイク特約をつけることをお勧めします。
一つの自動車保険に特約をつけるだけでの家族全員のバイク事故を補償することができます。
ファミリーバイク特約は自動車保険の年齢条件に関係なく、家族全員に対応しており、複数のバイクにも適応するのでとても安く節約になります。
バイクが好きで、大型のバイクに乗る人にはバイク保険に入り、少し多めに保険料を払うのがいいかもしれませんが、125ccぐらいであればこの特約で十分でしょう。
またバイク保険で注意することは、バイクが盗難された場合、車両保険をつけていても補償されません。車に車両保険をつけた場合と異なる点ですね。
新たに盗難保険に入るのとさらにお金がかかるので、バイクの販売店で取り扱っている盗難補償を確認してみましょう。
日々の盗難対策や販売店の盗難補償で節約をしましょう。

-保険 節約
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日