キャッシング 審査

キャッシングの審査その3

キャッシング審査で申告する勤続年数ですが、これに関して言えば、本人が申告する以外、裏を取れません。
いちいち、過去、勤務した会社に、一軒ずつ電話を入れて、その人が勤務していたか、どうか、確かめることも、大抵はありません。
そのため、キャッシング審査では、ほとんどの場合が、本人が、自己申告した勤続年数が正しいものだとされています。
このようなことから、キャッシングサービスの審査が簡単だと言われているのです。
お金を貸すのですから、本来は、過去に勤めた会社にそれぞれ連絡を入れ、働いていた事実を確かめるべきでしょうが、そのような確認業務をしていたら、即日に審査が下りるようなスピード審査は不可能ですよね。
過去の会社に確認はしないものの、現在、勤務している先には、確認の電話が入ります。
クレジットカード会社は審査のため、現在、勤めている会社に電話を入れたり、自宅へ電話を入れたりするところが多いです。
申込み内容を確認したり、会社に在籍しているか確認したり、本人の自宅に間違いがないかを確認するためです。
この場合、申し込みをした金融会社、クレジット会社が、ストレートに社名を名乗ることもないと考えられます。
現在では、利用者のプライバシーに考慮している会社が多いので、「こちらは、何何キャッシングサービスですが、誰誰さん、いらっしゃいますか?」など、名乗ることはないでしょう。
こういう在籍確認の電話は、担当者の個人名で電話がかかってくることが多いです。

-キャッシング 審査
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日