不動産 担保 ローン

不動産担保ローンのデメリットとメリット

不動産ローンのメリットとデメリットは一体どういうものがあるのでしょうか。
不動産担保ローンのメリットは、無担保ローンと比べると金利が安く借りられるということです。大体5%?くらいだそうです。低金利ですと、総支払額も低く抑えることができます。
不動産の査定価格によっても変わりますが、500万円以上の高額な融資を受けることがローン会社のほとんどで可能です。
担保の不動産を売れば負債を債権を回収することができるので、金利が低くなっているのです。
自分にあった融資会社を見極め、返済計画と融資元について十分に相談することが大切です。計画的な返済を考えるようにしましょう。
不動産担保ローンのデメリットは、担保にした不動産には根抵当権または抵当権の設定登記がされます。
もし返済が出来なくなってしまった時は不動産を金融会社に売却されて、自分のものではなくなってしまいます。
不動産を売却しても担保価格が下がっていて債権を回収しきれなかった時は、その不足分を支払わなければなりません。融資会社を選ぶ時は、信用できる会社を見極めることが大切です。
また、残念ながら悪徳業者も多いのが事実です。
金融庁の貸金業登録業者に加盟している会社かどうかを確認のを忘れないようにしましょう。
まとめて高額なお金を借りられる不動産ローンは、銀行や消費者金融会社で取り扱っており、低金利で返済も1か所ですむから楽だと考えている方もいらっしゃると思いますが、不動産を担保にする危険性も忘れてはいけません。使い方によっては借金が膨らむ可能性もありますので、お酒やギャンブル目的で不動産無担保ローンを組まないようにしましょう。
メリットとデメリットを踏まえた上で、賢く不動産担保ローンを利用するようにしましょう。

-不動産 担保 ローン
-, , , , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日