不動産 情報

予算

マイホームは一生涯のうちで大きな買い物の一つになります。
マイホームを探す場合、まず考えなければならないことは予算とその資金繰りについてです。
住宅ローンについて学び無理なく賢い資金プランを考えるようにしてください。
ここでは資金繰りに役立つ情報をご紹介します。
住宅や土地など不動産を購入するとき、必要となる頭金は少なくてもその不動産価格の2割以上必要です。
なぜならば住宅ローンを取り扱っている金融機関では、その多くが住宅などの不動産価格の約8割を上限として貸し出ししているからです。
金融機関によってはもう少し高い割合で貸し出ししているところもあります。
しかし資金繰りの考え方としては、できる限り頭金を多くして少しでも住宅ローンを減らすことが一番です。
さらにこの頭金とは別に予備費を用意しておかなければなりません。
これは不動産取得税や火災保険や地震保険といった保険料、ローン手数料、登録料などの諸経費に必要となるからです。
新築住宅で一般に価格の3%~5%、中古住宅で5%~10%目安なので、自己資金は先程の頭金と合わせて住宅価格の25%~30%必要になるわけです。
当然引越し費用や、新居に合わせて家電製品も購入することになるでしょうからこれらのお金も必要です。
住宅ローンについては、いくらくらいまでなら借りても大丈夫なのか、無理なく返せるかを考えて借ります。
一般的に言うと年収の25%以内にローンの年額返済額を納めるといいです。
毎月の支出額を計算して、返済可能額を算出するようにしましょう。
この情報を元に返済年数、利率を計算してローン借入限度額を算出し、さらに頭金の金額を足した金額が住宅購入予算となります。

-不動産 情報
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日