不動産 情報

住宅動向

果たして今は不動産の買い時なのか売り時なのか、もう少し待った方がいいのか不動産のプロたちの意見を聞いてみました。
不動産は不況と好況どちらが買い時なのか、景気と住宅購入の関係を考えてみます。
まず不動産物件の価格は好況のときは高くなり、不況のとき不動産の地価自体が下がるため安くなります。
住宅ローンなどの金利は好況のときは上がり、不況のときは下がります。
政府が打ち出す税制優遇は好況のときは不動産購入者も多いため優遇は少なくなります、不況のときは購入を促進するために優遇を多くします。
家計に関しては好況のときのほうが給与もボーナスもいいので高く、不況のときは収入がダウンするため厳しくなります。
このような情報から考えると、不況の時のほうが不動産の購入条件が良くなるということがわかります。
好況のときは収入が増えるので消費者が購入しようという気持ちになって意欲は高くなりますが、条件は良くありません。
今が不動産の購入環境がいいかどうか判断するものとして、ポイントは次の4つです。
それは住宅の価格とその物件の数、住宅ローン金利と政府の税制優遇です。
これらの情報を得て動向を見ていればわかります。
不況の場合土地や建物の価値が下がり、それを購入して住宅を新たに建てている場合もあり、住宅価格は低水準を続けます。
しかし最近では物件を手放す人も多く中古物件が溢れていて新築物件も減ってきています。
住むエリアに重点を置くのならばお得に中古物件を購入することもひとつの手段です。
不況ですが、税制優遇に低金利、価格の引き下げと住宅を購入するにはいい時期だと思います。

-不動産 情報
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日