不動産 情報

土地の価値

土地を買ってから家を建てる場合、あるいは建売分譲を買う場合、どちらも土地の価値によって価格が決まっています。
どのような土地がいいのか、土地の価格がどのように決められているのか知ることで理解できます。
掘り出し物の不動産を見つけたければまずは不動産価値の決め方を情報として知っていることが大切です。
まず不動産では、道路付きの土地、特に南側道路に面して日当たりのいい土地ほど価格が高くなります。
東側と西側に関しては特に差はありません。
ただ南側と北側ならば、北側が5%~10%近く割安になっています。
さらにその土地から出入り可能な道路の数によっても価値が決まります。
一般的に土地は一つの道路に面しています。
角地などで2本の道路に面している土地は日当たりもよく開放感もあるので人気が高いです。
そのため価格も少し高めです。
土地に家を建てた場合の日照の良し悪しも大きく関係しています。
実際に家を建てたとき、隣接する土地との間に高低差があると、家を建ててもその高低差があることになります。
とくに南側に隣接している土地がそこの土地よりも低ければ日照がよくなるため人気があり価格も高くなります。
土地の形状によっても価値は決まります。
一般的に土地の形は正方形や長方形です。
それ以外の変形地については、そこに建てる不動産に対しても設計の工夫が必要になってくるので建築費が高くなることもあります。
うまくデッドスペースを工夫することができれば、変形地がお得になることもあります。
住宅を建てる場合目の前の道路幅は4m以上必要です。
基本的には5m~6mがベストです。
この道路幅員が狭いところは価格が安くなっています。
当然のことながら土地の坪数が広ければ広いほど価格は高くなります。
また高低差がないフラットな土地の方が価値は高くなります。
以上のような土地の価値情報を知った上で選ぶと土地選びに失敗しません。

-不動産 情報
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日