225 先物取引

225先物取引手法のヘッジ

次の225先物取引で行われている戦略としてヘッジというものを紹介したいと思います。
ヘッジとはよく聞く言葉だと思いますが、どういうものかといいますと、225先物取引を行うにしても非常に重要な方法と言われているようで、簡単に言えばリスク回避のための手法だということのようです。
株式とは反対のポジションをとり、そうすることによって価格変動にともなうリスク、要するに株式が下落したときに発生する損失というのを回避できるように行われる手法であるようです。
ヘッジにも売りヘッジと買いヘッジというのがあります。
売りヘッジとはどういうものかといいますと、たとえば下落が予測されるとします。
その際売りからスタートをしておき、保有している株式が値下がってしまった場合の損失を相殺する、つまりは日経平均株価の下落によってでる先物の利益で相殺されるという手法であるようです。
逆に買いヘッジとはどういうものかといいますと、予測として株価の上昇が見込まれたとします。
先物を買いで入っておきます。
その予測があたり、上昇した際には先物を転売します。
転売することによって上昇した分の利益を確定してしまうという手法であるようです。
ここで得られた利益を株式を買う資金としてあてることにより、株式の上昇した分をカバーするという方法のようです。
なかなかヘッジに関しては理解するのは少し難しいかもしれませんが、覚えておくと役に立つ重要な手法といわれていますので、覚えておきましょう。

-225 先物取引
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日