225 先物取引

225先物取引でのSQ決済

225先物取引の決済で反対売買とSQ決済がありましたが、先ほどは反対売買の具体例をあげました。
SQ決済の具体例を次に少し紹介したいと思います。
計算式としては反対売買と同じですので、そんなに難しいものではありません。
たとえば買い建ての場合を例としてあげると1000円で225先物取引を1枚買った場合、SQ日までに保有していたとしたら結果的にSQ値が980円になったとします。
この場合はSQ値から買った値段を引いて取引単位と枚数をかけます。
そうすれば損益がでるようになっています。
逆に売りの場合はどうなるかといいますと、計算式は売りの値段からSQ値を引いたものを取引単位と枚数をかけることによって損益がでるようになっています。
インターネットを見てみると225先物取引のシミュレーションができるようなサイトがありますので、そういったものを参考にするのも良いでしょう。
二通りの決済方法がありますが、それぞれのパターンを覚えておくと良いかもしれません。
反対売買の売りの場合と買いの場合、そしてSQ決済の売りの場合と買いの場合というパターンがありますので、色々とシミュレーションを行ったり、まわりで225先物取引に詳しい人がいれば、コツなどもあわせて教えてもらえると具体的なイメージがしやすいのではないでしょうか。
知識だけはあっても経験がない場合、損失のダメージは考えていたものよりも大きくなる可能性もありますので、経験も大事なことだと思います。

-225 先物取引
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日