225 先物取引

225先物取引の専門用語

225先物取引にはたくさんの専門用語が登場します。
225先物取引を行うにあたっての知識として最低限の用語は覚えておかなければいけません。
そこでいくつかの専門用語を紹介したいと思います。
まずは「限月」といってどういう月のことを意味しているかといいますと、取引自体が終わる月を意味しています。
月で言えば3,6,9,12月があるわけですが、限月自体が銘柄名にもなっているので、呼び方としては3月を取引するのであれば3月ぎりと呼びます。
続いてはSQという用語があります。
SQとは日本語で言えば特別清算指数とも呼んでいるそうです。
どういうときに使用する言葉なのかといいますと、満期日の決済のときに使われる言葉で満期日とは第二金曜日を指しています。
そして建玉という言葉がありますが、新規の際に売りや買いの取引が成立してはいるが、決済をせずにそのままにしていること、つまりは保有している約定を言うそうですが、最終決済日になっても決済されずにいる建玉についてはSQで強制的に決済されるということになっているようです。
最後に期近・期先という専門用語がありますが、期近というのは近い限月を呼ぶそうで、期先はその先の月(限月)を呼んでいるそうです。
期近の限月が取引において中心となる月ではあるようですが、ケースとして増えているのが建玉をその次の限月へと乗り換えてしまうというケースがあるようです。
これは最終決済日が近づくにつれそういったことが行われたりするそうです。
以上がいくつかの専門用語になります。

-225 先物取引
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日