225 先物取引

225先物取引と理論価格

225先物取引の歴史はどちらかというとそんなに古くはないそうです。
では225先物取引がいつから始まったのかといいますと、戦後の1949年だそうです。
日本では225の指数がメインとなっています。
「日経平均」という言葉や「ダウ」という言葉をニュースなどで耳にしたことはありませんか?この言葉も日系225のことだそうです。
さて、取引価格はどういう形で形成されるかといいますと、日系平均株価、この動向によって左右されるわけです。
基本的には日系平均株価ではありますが、ほかの要素、たとえば需要と供給のバランスも関係してくることもあるそうです。先物価格として日経平均株価にほかの要素を加えて算出をするという「理論価格」といのがあるそうです。
「理論価格」に関わるほかの要素というのは何があるかといいますと、日系平均株価のほかには配当利回りや短期金利などが挙げられるそうです。
実は日経平均株価の動向も非常に大事ではありますが、需要と供給のバランスも大事なのだそうです。
実際に影響が大きいのは需要と供給のバランスである部分が大きかったりするそうです。
理論価格の算出方法として、決まった計算式があるそうです。
その決まった計算式にしたがって理論価格は決定されるそうです。
225先物取引よりも理論価格が低い場合は割高になるのが225先物取引であり、225先物取引よりも理論価格が高い場合は225先物取引の方が割安になるということが比較するとわかるそうです。

-225 先物取引
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日