株式 心理学

株価下落の際の人間心理の推移 底値付近

株式取引において、最も味わいたくない経験は、自分の所持している、ポジションを確立している銘柄の株価が、買値より圧倒的に下がってしまった状態です。
損切りをしていれば大丈夫、という訳ではなく、特売りなどの状況になった場合は、こういった状況になってしまいます。
当然、心理学上、このような経験は大きなストレスを生みます。
特に、損切りラインをしっかり設定し、注文を出していたという人の場合、その注文が成立せずに大きく値を下げている状況を会社から帰ってきてみた場合、もう絶望以外何もないという心理状態になるでしょう。
ただ、そこで諦めてしまってはいけません。
多くの人が、完全に下がってしまった株価を前に自暴自棄になりますが、それでは株式投資はとてもやっていけません。
少しでもその損を抑えようという行動を取る事で、次の道が開けます。
心理学的に、「どうせ損したんだからもうどうでもいいや」という自棄状態の場合、人間は正常な判断力を失い、落ちていく株価を成す術なく見送るだけとなります。
株式取引においては最も危険な状態ですし、心理学的にも早期回復が困難な状況といえます。
そうならないよう、株価暴落のリスクは常に頭に入れておく必要があるでしょう。
大きな下落が一段落した株というのは、リバウンドを見せることがあります。
特に特売りから抜けると、直後に反発することも少なくありません。
もしここまで売れなかった人は、ここがチャンスです。
自暴自棄にならず、せめてもの好機を逃さないようにしましょう。

-株式 心理学
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日