株式投資

親のサポートが重要

まだ十分に判断力が備わっていない子どもに、株式投資を自由気ままにやらせては、経済を学ばせるために行わせる意味がありません。株式投資を始めるにあたって、お父さんやお母さんが子どもと一緒に必ず考えさせたいことは次のようなことで。
・「投資は何のために行うのか?」という株式投資を始める目的。
・「目的を達成させるためには、お金がいくらかかるか?」という必要な金額。
・「どれだけの期間をかけて、達成させるのか?」という投資の時間。
また、初めてから目的が達成する途中では、当初の予定通りに運んでいるかを確認してあげましょう。予定を上回っている場合は、「上回った要因は何か」「それに基づいてこれから修正の必要があるか」、また、下回っている場合は、「下回った要因は何か」、判断ミスや失敗があったなら「今後失敗しないためには、どんな対策が必要か」などを考えさせましょう。そして、株式を購入したままにせず、価値のある教材として、その過程を活かしていけるようにしましょう。
これらのことを考えさせて、答えを導く中で、それが正しい答えでも間違っていたとしても、なぜそう考えたのかを追求していきましょう。また、考え方が間違っている時でも、あえて止めさせずそのままやらせてみるのも大切です。“失敗”ということを学ばせることが重要なのです。
大切なことは、株式を買ったり売ったりする際は、その都度、そうしようとした理由を必ず確認することです。また、投資に使うお金も、簡単に親が与えるのではなくて、子どもが貯めたお金を使わせてあげると良いです。その金額の大きさや売買するタイミングの判断も、十分にサポートしてあげましょう。

-株式投資
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日