株式投資

「仕手株」に気をつけて

大きなニュースが特にないのに、株価が急上昇する銘柄もあります。それは、「仕手株」というものかもしれません。株価が上がっている銘柄は、どうしても買いたくなってしまうと思いますが、簡単に手を出さずに、なぜ上がっているのか注意したほうが良いでしょう。
株式投資をしている人は、「仕手株」や「仕手筋」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「仕手」とは、多額の資金で株式売買をして、相場を自ら作り出す人のことで、「仕手筋」とも呼ばれています。ほとんどの仕手は、根本的な企業分析を行わないことが多く、その会社の事業さえも全く把握していないこともあるようです。
投機的に仕手が売買対象とする株式を「仕手株」と呼びますが、仕手株は株価が根拠もなく上がるような場合も多いです。つまり、株価の瞬間的な動きが仕手の狙いで、その会社の業績や将来性などは、全く関係がなくどうでもよいのです。そのため、仕手がターゲットとした株を買うと、そのことを知らずに株式投資している人にとっては、「この会社の株が、どうしてこんなに変動するのか?」と疑問に思うこともあります。
仕手株については、材料が全くないのに急に動き出します。さらに、仕手がターゲットとする株は、「低位株」と呼ばれる、安い株価の銘柄の場合が多く、他の投資家は手を出しやすいです。
また、仕手が実際に買わなくても、「仕手が買うようだ・・・」という“うわさ”が流れただけでも、株価が上がることもあります。

-株式投資
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日