生命保険 見直し

生命保険の共済を見直そう

生命保険の共済はいろいろなものがあります。
例えば、「国民共済」や「県民共済」、「コープ共済」、「社内共済」などです。
共済は掛け金が安くて、しかも保障も充実しています。
保険会社の保険だけではなく、共済も比較検討の材料にした方がよいでしょう。
ただし、保障が65歳から小さくなることや、一生涯の入院保障ではないことなど注意が必要となるみたいです。
「見直しで失敗したな」と思う例を挙げていきます。
1.全て解約して新しい生命保険に加入する。
予定利率の良い時代の終身保険などは残した方がお得だと思います。
ただし、続けていけるかどうかをよくお考え下さい。
どうせ途中で解約になるなら早いうちに解約したほ方がいい場合もあります。
2.入院の保障が欲しいのに保険を全て見直してしまう。
入院の保障を充実したければ、必要な入院の保障分だけを追加するようにお考え下さい。
例えば、癌の保障が欲しければ癌保険を追加するということです。
全ての保険を見直してしまう方が多いみたいです。
3.若いうちに生命保険に加入してしまう。
若いといっても10代ではなく新卒ぐらいの人対象に、就職した途端外交員からすすめられる恐れがあります。
やはり勧められて何気なく入ってしまうパターンが多いです。
就職したからといって急に生命保険に加入するのはあまりお勧めではありません。
この場合、勧められたら一度親と相談するべきでしょう。
4.貯蓄目的の学資保険。
上記の養老保険と同じですが、貯蓄目的で加入する場合はよく調べて確認が必要です。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日