生命保険 見直し

生命保険と見直しと病気

大きな病気を患っている人は生命保険の種類によっては加入できない場合や保険料が割高になってしまう場合があります。
そのような人は生命保険の見直しをするときに、ここが弱点になってしまいます。
予定死亡率の考えでは性別によって死亡率が異なるのと同じように、病気になったことがある人とない人が同じ保険料では公平性が損なわれてしまいます。
現在、病気でなくても過去の病歴がある場合にも、同様に保険料が高くなったり保険金の支払条件が厳しくなったりと言う制約が加えられるのは公平性を保つという意味で当然のことなのでしょう。
しかし考えてみると病気の人が見直しをする際に、こんなにも不利になることはないんじゃないかなっと私は思います。
保険加入の際には「告知義務」というのがあり、それで病歴を偽ったり、職業を偽ると保険金が支払われなかったり、契約を解除されることがあるそうです。
上記に書いたのですが、一度病気を患ってしまうと保険を乗り換えるのには条件が悪くなってしまいます。
少しでも条件のよい保険に入るには、健康なうちに加入した方が良いということなります。
病気や大きな怪我で長期に渡り仕事ができなくなってしまった場合、健康保険から「傷病手当金」というものがもらえます。
私も初めて知りました。
しかし、国民健康保険にはこの傷病手当金の制度はないそうなので注意してください。
傷病手当金でどのくらいのお金が支給されるかと言うと、健康保険標準報酬等級表から算出される標準報酬日額の3分の2となるそうです。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日