生命保険 見直し

生命保険や見直しで考えること

保険を検討する上で考えることは「何のために保険を掛けるのか?」ということです。
当たり前だろと言われそうですが、意外にピントがずれている人が多かったり、不安をあおられなんとなく契約したという人も多いでしょう。
親が掛けてくれていた保険を引き継いだだけとか、付き合いで仕方なくというのもあると思います。
「何のために保険を掛けるのか?」という問いに「自分が死んでしまったら残された家族のために」とか「病気になったら入院費がかかるから」など答え方は様々あると思います。
答えとしては正しいと思いますが、それはあくまでも、生命保険の根本的な意味を答えているだけです。
それが「自分にとって必要なのかどうか」までは考えていますか?
例えば独身の人の場合、生命保険に入る必要はあるのでしょうか?
一般的には自分以外に経済的に支えている人がいない場合は生命保険に入る必要はないでしょう。
両親が経済的に支援している場合は、支援額に応じて入っておく必要があるかもしれません。
しかし自分に充分な貯蓄があり、両親にも相続が発生しそれが支援額に相当するものであれば必要はないかもしれません。
保険に入る必要性を判断するのは案外難しいものだと思います。
あれにもお金がかかる、これにもかかると言いだせばキリがないです。
圧倒的な資産がない限り「不安」は完全には消えないわけで、ここがどうしても補償額が過大になる原因です。
私も実は生命保険のことは詳しくないのですが、保険を見直しを考える際には「保険は必要なのか?」とまず第一に考えてから見直しをすることが大切だと思っています。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日