生命保険 見直し

払いすぎた生命保険料を見直す方法

独身なのに多額な保険に入っていませんか?
主婦の方も、高い保険に入っていませんか?
内容のわからないまま保険に入っていませんか?
保険料を下げるのに一番簡単なやり方は、「本当に必要な保障だけに絞り込む」ということです。
今、日本は不景気という状況に陥っていることもあり、家計の支出の見直しをしている人も多いことでしょう。
見直すときにはまず、無駄なものをなくしていき月々の保険料を安くするという方法が今一番の見直しとなると思います。
生命保険は、仕組みや特約などいろいろなことがわかりにくい場合が多いので、専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に生命保険の見直しをアドバイスしてもらうのも一つの見直し手段ですのでおすすめしておきます。
また、いくつかの資料を請求して比較してみたり、生命保険会社の公式ホームページなどを使うと参考になったりするので便利でしょう。
ここで見直しのときの注意点をいくつか紹介しましょう。
まず、お宝保険は解約しないこと。
お宝保険というのは、予定利率が高い生命保険のことです。
1996年4月以前に契約した貯蓄性のある保険(終身保険、養老保険など)は現在では考えられないほど高い予定利率だそうです。
現在の不景気な日本の予定利率は比較的低いです。
なので現在のような低金利時代では保険会社にとって逆ザヤになっているでしょう。
逆ザヤとは、保険会社があらかじめ保険契約者に約束した利率を実際の運用で達成できないため、自らの利益を削っている状態のことです。
簡単に言ってしまうと、お宝保険は保険会社にとって邪魔な保険ということです。
なので保険会社の方々はお宝保険を解約させてしまおうと新しい保険の加入を勧めてきます。
勧められたまま加入してしまうとそれこそ生命保険料を払いすぎる原因になる場合があるので注意してください。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日