生命保険 見直し

保険の見直し手続き方法と名称

生命保険に加入し、しばらく経つと、その時担当してくださった人から、こう連絡が来る方がいるでしょう。
「加入してからだいぶ経ちますが、保険の見直しのことはお考えでしょうか?」と。
保険の見直しを検討する場合、ご意向に合わせて様々な見直し方法があります。
なお、医師により診査などがあり、その結果によって加入できるか判断することがあり、健康状態などによっては利用できないことがあります。
見直しの方法には、現在の契約の準備金などを新しい契約する保険の一部に受け渡す「転換」という方法があります。
転換をすると現在契約されている保険は消えます。
転換の特徴は、保障額の見直しと同時に、保険の種類や、期間、付加する特約などを変更できるという点です。
そのほかに、終身保険の変更という手続きがあります。
これは、現在契約している終身保険の一部の準備金を新しい契約の一部に受け渡すという方法です。
終身保険の変更をすると、現在契約している保険の一部が消えます。
すべての契約が消滅するわけではないので契約は、現在の残っている保険と新しい契約をする保険の2件となります。
終身保険の変更の他にも医療保障の変更というのがあります。
これは、現在の契約に付加されている入院関係特約の準備金などを新しい契約の「無配当終身医療保険」の一部に受け渡すという方法です。
その際、現在の契約に付加されている入院関係特約が消えます。
この、医療保障の変更の特徴は、入院関係特約の保障額を同額で医療保険を見直すことが可能ということです。
この他にもいくつもの手続き方法があります。
いっぺんに紹介しきれないぐらいあるので私自身も少しこんがらがります。
一つ注意したいのが、一度見直してしまうと元の生命保険に戻すことができないので十分に注意しましょう。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日