生命保険 見直し

保険料の支払い方法

保険ってどうやって支払うの?
どんな支払い方があるの?と疑問を持つ方が大勢いると思います。
保険料の支払い方法はいくつかあるので紹介していきたいと思います。
まず、全期払いという払い方があります。
全期払いとは、保険料の払込方法のことで、保険期間と保険料の払い込み期間が一致する支払方法です。
それとは反対に、保険期間よりも短期間で保険料の払い込みを終える方法を「短期払い」と言います。
毎月の保険料は、短期払いよりも全期払いの方が安くなります。
しかし、終身保険の場合、長生きすればするほど保険料の総合支払額は高くなります。
老後になれば当然収入は減っていきます。
老後になっても保険料を支払い続けることはできれば避けたいですね。
次に60歳払済という支払方法なのですが、これはメリット、デメリットという風に紹介していきたいと思います。
60歳払済のメリットは、60歳以降の支払いがないということです。
上記にも書いたのですが、老後になると収入が減るので支払いがないという面では安心です。
メリットがあれば、必ずデメリットもあります。
60歳払済のデメリットは、「保険料が高い」ということ、「中途解約したとき、損失が大きい」ということ、「一生分を前払いしている仕組みがあるので、もし60歳で亡くなったらもったいない」ということです。
そのほかの支払い方法として「終身払い」という支払い方法があります。
終身払いとは、終身保険などの保険期間が修身タイプで、保険料を死亡するまで払い続ける方法です。
他のタイプの支払い方法と比較すると終身払いは、月々に支払う保険料額が比較的安いです。
例えば10年という期間で払い込みをしなければならない場合、その期間内で支払いを済ませてしまわないといけない分、どうしても月々に支払う保険料の額は高くなってしまいます。
月々の保険料を安く済ませたい方は終身保険がおすすめかもしれないです。
このように生命保険にはいろいろな支払い方法があり、その違いで支払い保険料額が有利にも不利にもなることがあります。
生命保険に入るときや見直しについてはしっかり考え、検討してください。
支払い方法の見直しを行うことで保険料の削減が出来ることもあります。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日