生命保険 見直し

生命保険の見直しの前に

生命保険を見直す前に生命保険の基本的な仕組みを理解しましょう。
まず、定期保険,養老保険,終身保険の違いを知ること。
定期保険は保険期間を一定期間に決めて、その期間内に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れるというものです。
養老保険も保険期間を一定期間に決めます。そして、その期間内に死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができ、満期時に生きていた場合には満期保険金が受け取れます。
終身保険は定期保険と同じ様に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。
定期保険と違うところは保険期間です。
終身保険は、一定期間ではなく、一生涯死亡保険が続きます。
このように三つの保険にはそれぞれ違う使い方ができます。
終身保険の見直しのときには契約時期がポイントになると聞いたことがあるので契約時期に注目してください。
定期保険の見直しのときは、必要な保険金額に過不足がないかをしっかり確認することが大切です。
また、定期保険には更新タイプが多いので更新するときには注意しましょう。
しかし、更新しすぎると保険料が高くなる恐れがあるので、この点も注意が必要となります。
更新するたびに保険料が高くなると考えてください。
また、それぞれの保険の特約が本当に必要なのかも見直しておきましょう。
生命保険の基本的な仕組みには、主契約と特約の違いも理解しておく必要があります。
主契約とは、生命保険の土台となる部分で主契約を単体で契約することができます。
一方、特約とは、主契約にプラスすることで主契約の保障内容を充実することができます。
ここで注意する部分が三つあります。
一つ目は、特約だけでは契約できないということ。
二つ目は、特約は保険会社によって保障内容や給付条件が違うので注意が必要ということです。
三つ目は、主契約がなくなると特約もなくなるということです。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日