生命保険 見直し

間違った保険の入り方と見直しのタイミング

さて、どのような人が間違った保険に入ってしまうのだろうか。
それは、生命保険の見直しの相談に関する実務経験不足と私は思います。
経験が浅い人は知識が少なかったり、現状の保障内容を把握していなかったりしています。
また、保険料の相場観がない人は、保険の見直しを行うメリットがわからないと思うので、そのような人は事前に調べた方が良いです。
では、どのようなときに、どうやって見直したほうがいいのか。
それは基本的にはライフスタイルが変わったときです。
ライフスタイルが変わるということは「結婚」や「出産」、「退職」、「起業独立」です。
上記にはそれぞれ共通点があります。
それは「家族の人数」と「収入」です。
主にこのようなときに保険を見直す必要があります。
例えば、出産のときには、学資保険などに入る必要があります。
視野を広げて万が一のときに備えて必要な保険に入りましょう。
どうやって生命保険を見直すか。
見直しの手続きには「保険を見直さずそのまま続ける」という方法と「保険をやめる」「減らす」「払済保険に変える」というこの四つの方法があります。
そのまま続けるということは、見直すより続けた方が良いと判断される場合に選択します。
「やめる」ということは、その名の通り保障をやめてしまうということです。
「減らす」ということは、保障額を減らすということです。
また、「払済保険に変える」ということは保険料を払わずに、これまであった保障をそのままの形で残しておくということです。
いずれもしっかり保険会社に相談して自分に適した手続き方法をしましょう。

-生命保険 見直し
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日