国民年金保険料

国民年金保険料の付加保険料

国民年金保険料には、国民年金の第一号被保険者だけが任意で入ることができる付加年金というものがあります。
そして、そのための付加保険料は、月にたったの400円だけで良いのです。
しかも、この付加年金は非常にお得な年金なのですが、それに気づいていらっしゃるかたは大変に少ないようでして、国民年金保険料の付加保険料を支払っていないかたは多いです。
たしかに、たったの400円とはいえ、毎月の国民年金保険料の支払いだけでもキツイというのに、それ以上は一円だって払いたくない・・・とおっしゃるかたもいるでしょう。
ですが、現実問題として、お得感があるのは事実ですので、まずお聞きください。
きっと聞いて良かったとお思いになるはずです。
この毎月400円の付加年金保険料は、支払う時には月に400円であっても、いただくときには、一か月の付加保険料納付期間あたり、200円の年金ということになります。
基本的には、20歳から60歳まで国民年金保険料を支払うのが当然の義務ですから、例として、その間ずっと国民年金保険料にプラスして付加年金保険料も支払っていたと仮定してみましょう。
400円を40年間掛けますと、支払った付加保険料は、19万2000円となります。
これに対して、やがていただける付加年金は、200円に40年をかけて9万6000円となります。
これが何を意味するかと申しますと、年金をいただき始めてから、たった二年程度で元が取れてしまうということです。
いかがでしょうか。
こんなにお得だということがお分かりいただけましたか。

-国民年金保険料
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日