個人年金 比較

郵便局の個人年金

個人年金というと、国ではなく民間企業などが取り扱っている年金型保険の事を指します。
公的年金と比較した場合、かなり割高なプランも多い一方、公的年金の補助的な意味で加入する方も多くなっています。
そんな個人年金ですが、現在のシェアは圧倒的に民間の生命保険会社が多く、実際この保険会社という機関がイニシアチブを握っています。
ですが、例えば「今後どの期間の個人年金を利用したいか?」などというアンケートに関しては、どういった調査機関が行ったものでも、大抵郵便局の個人年金が1位となります。
では、民間の会社と郵便局の個人年金を比較した場合、どう違うのでしょう。
実は、基本的にそこまで大きな比較差は生まれません。
郵便局の保険の場合、「かんぽ」という非常に知名度の高い簡易保険があるので、そちらと比較されがちです。
実際、かんぽと共通する点が郵便局の個人年金にはいくつかあります。
例えば、医師による審査の必要がなかったり、加入限度額が設けられていたり、職業による加入制限がなかったり、などという点です。
加入限度額はかなり抑え目なので、公的年金の補助という意味合いが強い年金となります。
郵便局の個人年金は、郵便局に対しての信頼感、安心感が圧倒的なブランド力となって、年配者の支持を集めています。
ただ、郵便局だからといって100%安心できるかという保証はないという点と、限度額があるからそれほど大きな受給額にはならないという点はしっかり把握しておきましょう。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日