個人年金 比較

個人年金は男女どちらの加入者が多い?

個人年金というと、老後の心配をする人が加入する保険という印象が強いですよね。
公的年金と比較した場合、加入義務があるわけではないので、あくまでもゆとりのある方が加入するものというイメージがあります。
そんな個人年金を男性と女性とで比較した場合、どちらが多いのでしょう。
これは、女性の方が多いということです。
とあるアンケートによると、全体の56%が女性であるというデータが残っています。
個人年金は、女性の加入者の方が多いようです。
他の保険は比較的、男性の加入者が多いと言います。
それは、喫煙者が男性の方が多い為、がん保険加入者が多いとか、肉体労働が男性の方が多いので、傷害保険などの加入者が多いとか、ドライバーは男性の方が多いので、自動車保険加入者は男性が多いとか、あるいは単純に収入の問題で男性のほうが保険に加入しやすいなど、いくつもの理由が存在しています。
ですが、個人年金に関しては女性の方が今のところ関心が高めということになります。
この理由は明確で、女性の方が老後の不安をより多く感じているという事が現れているのです。
歳を取ってくると、女性はなかなか働き口がありません。
まして、男女では女性の方が平均寿命はかなり上です。
やはり老後の不安というのは、なかなか拭い去れないという事でしょう。
今後は、男性の加入者もどんどん増えていくかと思います。
老後への不安、公的年金への不信感からです。
また、個人年金のサービスも恐らくは低価格なプランが増えていくかと思われます。
その時には、女性専用のプランもできているかもしれません。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日