個人年金 比較

個人年金の所得税控除

日本の社会制度の中に、所得税控除という制度があるという事は、確定申告をしたことがある方であれば、大抵知っているかと思います。
所得税の計算の時、様々な理由でその一部が控除されるのです。
その中には、保険料の項目もあります。
保険料の額に従い、控除が行われるのです。
では、保険のひとつである個人年金というのは、果たして所得税控除の対象となるのでしょう。
他の保険と比較した場合、年金という部分が引っかかって控除の対象にならないのではと思っている方もいるかもしれません。
ですが、実際には個人年金は控除の対象となります。
立派な保険のひとつなので、間違いなく所得税控除の対象です。
個人年金の所得税控除は、保険料控除が該当します。
その中の社会保険料控除、一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除が関係してきます。
一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除に関しては最高5万円の所得税控除が受けられるのです。
これを申告しないのはあまりに勿体無いと言えるでしょう。
こういった控除を申告する方、しない方で比較すると、同じ所得でも年間で自分のところに残るお金は全く変わってきます。
比較的スルーされている事が多い所得税控除ですが、実際にはかなりの額が浮きます。
特に、この個人年金は保険料が高い部類に入るので、控除も結構高くなります。
必ず申告するようにしましょう。
ただし、個人年金保険がすべて対象になっているわけではありません。
「個人年金保険料税制的確特約」を付加している契約のみとなっています。
ここも注意が必要です。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日