個人年金 比較

個人年金の一時払いの控除

個人年金は所得税控除の対象となりますが、保険料控除というのは、毎年支払った額から控除額を算出する方式で行われます。
毎月支払う方法で保険料を払っている場合は問題ないでしょう。
ですが、比較的かなり少ないとはいえ、中には一時払いで保険料を払っている方もいるでしょう。
つまり、一度に保険料を全額支払っている場合です。
保険料のトータル額が安くなるので、お金に余裕があり一時払いで一気に支払う方もいるのです。
例えば、退職金などを利用する場合です。
そういう方は結構多いのではないでしょうか。
では、こういう場合の控除はどうなるのでしょう。
個人年金の一時払いを行った場合、当然その年度の一度きりの控除となってしまいます。
例えば、個人年金の保険料500万円を一度に支払った場合、その年度は当然保険料控除を受けられます。
ですがそれ以降は受けられません。
毎月支払いの人と比較した場合、その控除額の差は歴然です。
一時払いは、保険料のトータルが安くなる事から、退職金などのまとまった収入があった際に行う方が結構います。
また、保険会社側もこの一時払いを勧めます。
ですが、このような所得税控除を考慮した場合、必ずしもトータルでの出費が有利になるとは限りません。
月払いと比較し、どちらがお得かというのを綿密に計算しておく必要があります。
面倒臭いと思う方もいるかもしれませんが、実際にはかなりの差額が生まれる可能性もあるので、計算しておいて損はありません。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日