個人年金 比較

確定年金のメリット・デメリット

個人年金において、他のプランと比較した場合、一番合理的なのは確定年金です。
年金が支払われる額をあらかじめ設定し、その支払い期間に応じた保険料を支払っていくというのが、確定年金だからです。
この個人年金プランは、他のどの個人年金と比較しても最も計画的ですね。
確定年金のメリットは、まさにその計画的な部分にあります。
最初に期間を設けるので、人生プランがとても立てやすくなります。
また、有期年金と違い、必ずしも生存が条件ではありません。
有期年金の場合、もし仮に年金を受けとる期間中に亡くなってしまったら、その時点で年金の配給はストップします。
しかし、この確定年金は、その後もしっかり期間終了まで配給されるのです。
受取人も契約の時点で決めています。
つまり、かけ捨てにならないという点がメリットとして存在するのです。
自分が支払った分は確実に返ってくるという点で安心感が得られます。
自分が亡くなった後のことも考えられるという点では、死亡一時金の保障期間を付けるタイプの個人年金より安心できるかもしれません。
ただ、デメリットも少しはあります。
簡単に言えば、有期年金よりは保険料が高いという点です。
他の保険と比較した場合、終身年金よりは安いですが、有期年金よりは高いという位置付けになります。
とはいえ、この確定年金はお勧めできる金融商品です。
契約の時点で、支払われる期間、支払われる総額、自分が積み立てていく額が全て決定するのですから、とても健全な生活を送ることができます。
万が一配給途中でなくなっても、自分が積み立てたお金は家族が受け取ると考えると、支払う保険料にも抵抗がなくなりますね。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日