個人年金 比較

一時払いと積立払いの大きな違い

個人年金の種類を比較する上で、その保険料の支払方法の比較というのは、比較的それほど重視されない事が多いです。
しかしながら、実際にはかなり重要な事です。
一時払いか、積立払いか。
この差はかなり大きいと考えてください。
個人年金における一時払いのメリットは、例えば他の保険であったり、あるいはローン、買い物であったりというもののメリットとほぼ同じです。
保険料のトータルが安く済む、という事です。
一時払いの場合、積立払いよりも安く済むのは、どんなジャンルでも同じです。
一括で支払うという行為は、そういった面があるからこそ成り立つのですから、当然と言えば当然ですね。
ただ、個人年金において、一時払いというのはあまりお勧めできない事もあります
基本的に変額個人保険の場合に一時払いが行われますが、そうなると安定という面でリスクが大きいからです。
これが普通の投資であれば問題ありません。
リスクとリターンは投資には付きもの。
それがなければ投資とはいえません。
ですが、個人年金は投資、保険という意味合いが強いとはいえ、あくまで年金です。
年金である以上、しっかりした支給額を確保したいものですよね。
そう考えると、一時払いに委ねるのは少々リスキーといえます。
積立払いの場合、少なからず一時払いと比較した場合に保険料が多くなる事は否定できません。
しかし、状況に応じた動きができるのはこっちの方なので、個人年金という賞品の性質上、積立払いの方をお勧めします。
もっとも、これは個人個人の事情にも左右される事なので、一概にどちらが良いとはいえないかもしれませんが。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日