個人年金 比較

個人年金加入の割合

個人年金というと、比較的マイナーな金融商品というイメージがこれまでありました。
しかし様々な年金問題が浮上するにつれ、公的年金に関しての信頼度が揺らいだ結果、個人年金への興味、関心が比較的上昇したようで、現在ではかなりの加入者に上っています。
その数は、年々上昇の一途で、現在では約3割の人が公的年金以外の個人年金に加入しているという統計データが出ています。
こういったことからも、個人年金が他の金融商品や公的年金と比較しても、遜色ないような知名度と認識を得ている事がわかります。
その個人年金ですが、ではどの機関のプランに加入している人が一番多いのでしょう。
実は、民間生命保険会社が圧倒的に多いようです。
全体の3/4が、民間生命保険会社の個人年金保険に加入しているようです。
郵便局の個人年金は人気が高いと言いますが、全体の1割強に留まっています。
郵便局の次に多いのは、民間損害保険会社の個人年金保険ですが、割合的には10%にも満たず、生命保険会社の1/10以下です。
さらに、JAや全労災、銀行、証券会社などといった所は、いずれも全体の5%以下となっています。
ここまで民間生命保険会社が強い理由は、やはり知名度に尽きます。
年金問題以降、かなり宣伝を行っているので、生命保険会社の個人年金は比較的有名です。
一方、郵便局が個人生命保険を取り扱っているという事は、あまり多くの人は知っていないようです。
知っている人には安心感があると評判が良いのですが、郵便局が積極的に宣伝している所はあまり見かけないので、知らない人が多いのは必然かもしれません。
同じ事が、他の機関にもいえます。

-個人年金 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日