学資保険 比較

学資保険と貯蓄

学資保険は貯蓄性の高い生命保険です。
では学資保険と貯蓄との差はいったいどういうところにあるのでしょうか。
以前にも述べましたが、貯蓄は親に万一のことがあった場合には、それ以上の積立が望めなくなることもあります。
しかし学資保険の場合は、貯蓄に加えて、親に万一のことがあった場合に、それ以上の保険料が免除され、満期保険金や祝い金を当初の契約通りに受け取ることができます。
これだけ聞くと「貯蓄するくらいなら、学資保険に入ったほうが絶対に得じゃないか」という考えになってしまいますが、やはり学資保険にもデメリットはあります。
貯蓄の場合は積み立てた金額は積み立てた分より下がることはありませんが、学資保険には元本割れの可能性があるのです。
元本割れとは、受け取る金額(満期保険金+祝い金)が支払った金額(保険料の総額)を下回ることをいいます。
つまり、契約者や被契約者(保障型の学資保険の場合)に保障が必要なかった場合(・・・もちろんそれが一番いいことなのですが)には、当然貯蓄のほうが金銭的にお得になります。
学資保険が貯蓄より有効性が高いのは、その貯蓄性より、生命保険としての機能を必要とする場合です。
ただ元本割れしない学資保険などもありますので、保障と貯蓄性の両方を得たい方は、そういった学資保険を選ぶのも良い手だと思われます。
貯蓄を選ぶか、学資保険を選ぶかは、それぞれの家庭の保障がすでに充実していて、投資的側面を目的とするか、もしくは、多少投資としては金額が落ちても、保障を充実させたいか、と言った点が主な要因になってくるでしょう。

-学資保険 比較
-, , , ,

© 2020 マネイク|お金借りる即日