不動産

no image

不動産売買契約の特約について

民法では、契約後の引渡し前に土地・建物は、地震や火災など不可抗力で消滅しても、買主は代金を支払う義務があります。 この義務のことを危険負担と言います。 しかし、不動産は契約と実際の引渡しの間に数ヶ月期間があるのが普通なので、引渡し前に契約し ...

no image

現地チェック

気に入った不動産物件を現地に見に行った場合のチェック項目です。 事前に資料で得ていた情報から読み取ったものと、現地の状況を確認しながらチェックしていきます。 事前情報の間取図の段階ではわからなかった場所に梁がでていたり、天井が思っていたより ...

no image

家づくりネット

注文住宅を建てたい人は、ハウスメーカーをどこにしようか大変悩むと思います。 このハウスメーカーの情報収集から家づくりは始まっているといっても言い過ぎではありません。 そしてハウスメーカーを比較して気になるところに資料を一括請求できるサイトが ...

no image

不動産購入の手順

現物の不動産投資のために購入しようとする不動産の調査や選定を行った後、いよいよ不動産の購入手続きとなります。 一般的に不動産売買には、買主・売主それぞれに一社ずつ不動産会社がつきます。 不動産購入の手続きは次のような流れとなります。 1.購 ...

no image

契約

ここまで調べたらあとは今までの集めた情報を元に気に入る不動産物件を決めて申込みの手続きを行います。 申込みは不動産会社に連絡して手続きを行います。 所定の用紙に記入して提出します。 記入する内容は氏名、住所、連絡先などの他に勤務先、年収、連 ...

no image

住宅設備の選び方

不動産とは土地とその家を指します。 家は外見だけではなく当然その内面である住宅設備も大切な不動産価値であると言えます。 この住宅設備は、注文住宅を建てる際もリフォームする際も施工する会社によって選べる設備が限られていることがあります。 その ...

no image

不動産の調査

不動産投資のため、不動産の取引を行う際には、市場や地域の調査、法令上の制限の調査、現地調査、登記の調査が必要です。 不動産の売買価格や賃料、今後の動向などを把握し、地域の特性や状況を調査しておきましょう。 また、都市計画法や建築基準法、農地 ...

no image

土地の価値

土地を買ってから家を建てる場合、あるいは建売分譲を買う場合、どちらも土地の価値によって価格が決まっています。 どのような土地がいいのか、土地の価格がどのように決められているのか知ることで理解できます。 掘り出し物の不動産を見つけたければまず ...

no image

不動産の建物別用途

現物による不動産投資を行う場合、どのような不動産を扱うのかを選ばなければなりません。 建物を利用する不動産投資を行うにあたって、建物別にどのような特徴があるのかを知っておきましょう。 ・アパート、マンション 自然環境、病院や学校などの公共施 ...

no image

住宅動向

果たして今は不動産の買い時なのか売り時なのか、もう少し待った方がいいのか不動産のプロたちの意見を聞いてみました。 不動産は不況と好況どちらが買い時なのか、景気と住宅購入の関係を考えてみます。 まず不動産物件の価格は好況のときは高くなり、不況 ...

© 2022 マネイク|お金借りる即日